元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります

隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)
頭部の画像検査(MRIやCT)で、たまたま直径数ミリ程度の小さな脳梗塞がみつかる場合があります。
症状を伴わないで発症した脳梗塞なので、無症候性脳梗塞とか隠れ脳梗塞などと呼ばれます。
高血圧や糖尿病や高脂血症などにより生じた脳の動脈硬化性病変が根底にあると」考えられます。

無症候性脳梗塞は数個では無症状でも、数が増えてくると、脳血管性痴呆の症状が出てきます。
また、本格的な脳梗塞が起こってくる可能性もあります。
つまり、無症候性脳梗塞は脳血管性痴呆と本格的な脳梗塞への警報です。

従って、何らかの脳梗塞予防策が講じられます。
通常、「血液をさらさらにする」薬剤の投与と定期的(半年−1年毎)な脳の画像検査が実施されます。
当然、血圧・血糖・血清コレステロール値などの厳重な管理も行われます。

無症候性脳梗塞の最大の原因は高血圧や糖尿病や高脂血症などの生活習慣病ですので、生活習慣病のコントロールの最大の目的は脳梗塞などの合併症を防ぐことにあります。
数値上は満足できる範囲にコントロールされていても、ひそかに隠れ脳梗塞が進行していては、何のための治療かわかりません。
高血圧や糖尿病や高脂血症などの生活習慣病の患者さんは定期的に脳の画像検査(MRIやCT)を受け、本当の意味で生活習慣病が適切にコントロールされているかを把握する必要があります。
戻る

http://drtsujita.com/