元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります
ものわすれ
40歳を超えると、ものわすれが気になってきますが、
多くの場合は加齢による生理的なものです。
しかし、いわゆる痴呆症の初期症状であることもあります。

ここで、ものわすれを治療可能もしくは予防可能なものと
治療効果の上がらないものに分けて考えてみましょう。

治療可能なものわすれのほとんどは、
脳神経外科手術によって症状が軽減するもので、
代表的な疾患としては、
正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、良性脳腫瘍等が挙げられます。
認知症の診断の際、ほぼ例外なくCTやMRIをとりますが、
目的はこれらの治療可能な疾患が隠れていないかを
確認するためです。

更には、脳の血管障害によって起こるものわすれがあります。
高血圧や糖尿病、高脂血症、喫煙などのいわゆる生活習慣病が根底にあります。
中でも高血圧がある場合は40-50歳のうちに脳のMRI/CTを行い
無症候性の脳梗塞があるかどうかを調べて、
その結果を指標として血圧のコントロールを行うことが重要です。

治療が難しいものわすれは、
いわば狭義のものわすれ、認知症ということもできます。
有名なアルツハイマー病や
近年有名になったレビー小体型認知症がこれに当てはまります。
これら疾患に対して一連の抗認知症薬が投与されますが、
若干効果が乏しいと感じられることがあります。
更に有用な薬剤の登場が待たれるとろです。

このグループに属するものとして他に
前頭側頭型認知症
進行性核上性麻痺
大脳皮質基底核変性症 などがあります。

最近では、できるだけ早期に認知症になりそうな人を発見することと、
認知症の患者さんによりうまく寄り添うことが
治療上、介護上の目標とされる傾向にあります。

アクセス

診療時間
TOPへ

http://drtsujita.com/