元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります

めまい
めまいは、基本的には平衡感覚の狂いが原因ですが、患者さんの訴える「めまい」の中には、脳の血液循環の障害によるフラツキがかなりの頻度で含まれています。脳の動脈硬化症、血圧調整不全、心疾患などが原因です。

平衡感覚の障害によるめまいは、目、耳、身体の知覚障害、もしくはこれらの器官からの情報を統合する脳の障害により起こりますが、実際には耳と脳の異常によるものに大別されます。

耳が原因の場合には、めまい症状の多くは周囲や自分がぐるぐる回るといった回転性で、嘔吐、発汗等の自律神経症状を伴いがちですが、持続時間は比較的短く、生命を脅かすということもありません。ただ、治療のタイミングを逃すと聴力障害を残すといった場合(突発性難聴)があります。

脳を原因とするめまいは、回転性の場合もありますが、動揺感、浮遊感として表現される場合が多く見受けられます。めまいの程度はそれほどひどくなくても、小脳の出血や梗塞、くも膜下出血が原因のことがありますので、生命に対する緊急性が高いというのが特徴です。
頚性めまい
めまいは耳や脳を原因とするものが多くを占めますが、「くび」を原因とするもの(頚性めまい)も無視できません。

頚性めまいには2つあります。

首の筋肉の緊張がひどくなり(こり)、かつ左右どちらかの緊張がより強いときに、くらくらーとしためまいがおこることがあります。
回転性の要素が加わることがあります。
往々にして、頚椎の変形が関係しています。

また、頚椎の変形の仕方によっては、頚椎の中を走る椎骨脳底動脈が、首の位置によって、骨の先端で圧迫されることがあり、小脳や脳幹や内耳への血流が障害されてめまいが起こることがあります(椎骨脳底動脈血流不全の一種)。
戻る

http://drtsujita.com/