元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります
生活習慣病
生活習慣病があると、脳もしくは全身の動脈に動脈硬化が起こって、
脳の血管が詰まったり、動脈壁が損傷されて出血が起こったりします。

高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病が
脳にとっては最も警戒すべき生活習慣病です。
動脈壁が固くなってからはやや手遅れの感がありますので、
できるだけ早期に対応する必要があります。

特に高血圧は脳に大敵で、できるだけ低めのコントロールが必須とされます。
降圧剤をなんとなく飲んでいるから、脳は大丈夫というわけではありません。
生活習慣病は脳に様々な問題をもたらします。

高血圧は脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の危険因子です。
高血圧がある場合。無症候性の脳梗塞は40歳代から起こり始める可能性があります。
脳出血はCTによる診断精度の上昇と血圧のコントロールの進歩のために
以前より減りつつあります。
ただし、降圧剤を服用していても、降圧が不十分なため脳出血を起こして
救命救急センターに運び込まれる方が後を立ちません。
くも膜下出血には血圧だけではなく、喫煙や生れつきの素因が関係しています。
糖尿病の患者さんでは、多発性の脳梗塞が極めて高頻度でみつかります。
高脂血症があると心筋梗塞ほどではありませんが、脳梗塞がおこりやすくなります。

生活習慣病の治療の目的は、合併症を予防することにあります。
定期的に脳の検査(CT/MRI)や頚動脈の動脈硬化の検査(頚動脈エコー)を受け、
生活習慣病のコントロールが適切かどうか確認する必要があります。
TOPへ