元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります

生活習慣病と脳
生活習慣病は脳に様々な問題をもたらします。

高血圧は脳出血、脳梗塞、くも膜下出血の危険因子です。
高血圧がある場合。無症候性の脳梗塞は40歳代から起こり始める可能性があります。
脳出血はCTによる診断精度の上昇と血圧のコントロールの進歩のために以前より減りつつあります。
くも膜下出血には血圧だけではなく、喫煙や生れつきの素因が関係しています。

糖尿病の患者さんでは、多発性の脳梗塞が極めて高頻度でみつかります。

高脂血症があると心筋梗塞ほどではありませんが、脳梗塞がおこりやすくなります。

生活習慣病の治療の目的は、合併症を予防することにあります。

定期的に脳の検査(CTやMRI)や頚動脈の動脈硬化の検査(頚動脈エコー)を受け、生活習慣病のコントロールが適切かどうか確認しておく必要があります。
ホームへ

http://drtsujita.com/