湘南台の脳神経外科、つじた脳神経外科は地域の皆様の脳を護って17年になります。
元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります
元気な脳で生きる喜びを
 スマホサイトへ

初診の方へ

予約希望の方へ

目安箱へ

2019年12月7日更新
年末年始の休診について
2019年12月29日(日)から2020年1月5日(日)まで休診させていただきます。

何卒ご了承ください。


脳神経外科とは
脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経を含む
すべての神経系およびそれらに関連する
骨、筋肉、血管などの疾病の予防、診断、手術を
含む総合的治療、リハビリテーションなどに
積極的に関与する医学専門領域です。

脳神経外科は国民病とも言える脳卒中や
頭部外傷などの救急疾患、また脳腫瘍に加え、
てんかんやパーキンソン病、三叉神経痛や
顔面けいれん、小児奇形、脊髄、脊椎、
末梢神経などの病気が対象です。

脳神経外科専門医は、これらの病気の予防や
診断、手術的治療および非手術的治療、
リハビリテーションあるいは救急医療において
総合的かつ専門的知識と診断技術を持ち、
これらの病気に対し適切な診断と治療を行い、
必要に応じて他の専門医への紹介・転送の
判断も的確に行える能力を備えた医師です。


日本脳神経外科学会専門医認定委員会による定義


施設・設備のご案内
つじた脳神経外科は、湘南台クリニックビルの1階にあります。
隣は調剤薬局の共創未来です。
クリニックビルは湘南台駅西口B出口から徒歩3分、
東側は静岡銀行に接し、西側は緑豊かな円行公園に面しています。


【駐車場からみたクリニック全景】
クリニックビルには無料駐車場20台、
身障者用駐車場1台が準備されています。
駐車の際は案内係の指示に従ってください。



【つじた脳神経外科外玄関(クリニックビル玄関)】



【駐車場からクリニックビル玄関を望む】
左手の緑は円行公園。



【つじた脳神経外科玄関】
つじた脳神経外科の外玄関(クリニックビル玄関)と
つじた脳神経外科の玄関との間はロビーとなっております。
ロビー内はトイレ完備、エアコン完備で
雪・雨・風、暑さ、寒さをしのげます。
ご来院が早過ぎましても、快適にお待ちいただけます。
つじた脳神経外科院内へのご案内は8時45分となっています。



【静岡銀行の駐車場からつじた脳神経外科を見る】



【つじた脳神経外科受付】



【つじた脳神経外科待合室】



【待合室から中待合、CT室方向を見る】



【CT室方向から待合室を見る】



【第一診察室のパソコン群】
レントゲン、CT画像出力用1台、MRI画像出力用2台
エコー画像出力用1台、POWERPOINTによる
病状説明画像出力用1台等



【超音波診断装置と診察用ベッド】



【第1処置室兼採血室】



【第2処置室兼点滴室】
頸椎、腰椎系疾患の方のリハビリも
この部屋で行っています。



【レントゲン並びにCT用パソコン】



【HITACHI 1.5T超電導MRI ECHERON RX】


【HITACHI multi-slice CT SUPRIA】


【HITACHI aloka F37】




アクセス
〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台3-7-12
湘南台クリニックビル102


TEL:0466-42-6801

小田急線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄
湘南台駅西口B出口から徒歩3分

円行公園東隣、静岡銀行西隣

無料駐車場20台:
身障者対応の駐車スペースも用意しております。

駐車の際は係員の指示に従って下さるようお願い致します。

湘南台の 脳外科って、 ここ? 迷ったら 電話してね

クリニックビル内のクリニック一覧
小林クリニック
内科・消化器内科
3F よしだみつぎ整形外科クリニック
整形外科
まなぶ歯科
歯科
2F あべともここどもクリニック
小児科
共創未来 湘南台店
調剤薬局
1F 医療法人社団喜望会 つじた脳神経外科
脳神経外科・脳神経内科


 診療時間・診療受付時間
診療受付時間
午前 9:00-12:00
午後 3:00-5:30
(土)は2:00-4:00

年末年始の休診のお知らせ
2019年12月29日(日)から2020年1月5日(日)まで
休診させていただきます。
何卒ご了承ください。

初診の方は初診の方への項をご覧ください。

当院は再来の方には予約制を導入し、
柔軟に運用することでご要望に対応しております。
再来の方の予約なし当日飛込み受診もお受けしています。
.
予約は、
①電話(0466-42-6801)、
電話は8時半ー13時半、14時半-17時半
土曜日は8時半ー12時半、13時半ー16時に対応しております。
②メール
③窓口
でお受けしております。

メールでの予約はメールをいただいた日の
翌日以降の対応とさせていただく場合があります。
予約、事前手続きをされた場合、変更、キャンセルは自由です。
お電話もしくはメールにて連絡してください。


休診日 : 水曜、日曜、祝日

院内はすべてバリアフリーとなっております。
なお、トイレは車いす対応となっております。


 検査・CT・MRI
当クリニックでは、MRI、CTをはじめその他、最先端の検査機器を使用して、
場合によっては3D画像により高度な診断を行っています。
特に、中枢神経系においてはその三次元構造の複雑さからMRI、CTは欠かせません。
しかし、これらの機器は神経系の検査のみならず、
身体の隅々までの検査が可能なため、他の症状や身体の異変、
日々の健康に対する不安などの診療にも大きな力を発揮します。

主な実施検査
【主な実施検査】
1.5T超電導MRI、16列マルチスライスCT、更には、デジタル頸動脈エコー等により
脳、脳血管、脊髄の形態学的様子を把握します。
また、必要に応じて動揺計を用いて平衡感覚の異常を、
脳波(外部委託)を用いて脳の電気生理学的異常を検査します。
脳神経外科専門医による神経学的検査、認知症検査、
また一般的なレントゲン撮影、心電図検査、血液学的検査も行います。

1.5T超電導MRI
【1.5T超電導MRI検査】
当院ではHITACHI 1.5T超電導MRI ECHELON RXを利用しています。

MRI検査とは
【MRI検査とは】
強力な磁石でできた円筒の中で、強力な磁場をかけて臓器や血管を描出、撮影します。
放射線は発生しません。
装置はCTにとても良く似ており、防磁機能を有する特別な部屋の中に隔離設置され、
入室する際には磁気に反応するものは持ち込めません。
検査は自動的に移動する検査用ベッドに横たわっているだけで終わります。
検査中はできるだけ動かないことが大事です。
検査時間は検査する部位や目的により異なりますが、
通常の脳のMRI検査で10-20分程度です。
検査中強力な磁場により金属のたわむ音が聞こえます。

MRIを撮るとき
【MRIを対象とする主な症状】
脳や脊髄の中枢神経に限っても、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、神経痛、
うまく歩けない、うまく字が書けない、流暢にしゃべれない、手足が重く力が出ない、
ものが二重に見える、眼の周囲や顔がぴくぴくする、目が見えにく、
耳が聞こえない、においがしない、など多彩な症状を対象とします。

MRIで分かる病気
【MRIで分かる主な疾患】
脳腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳の先天奇形、脳梗塞、脳出血、
くも膜下出血、脳萎縮、脳j挫傷、外傷性頭蓋内血腫、
多発性硬化症などの変性疾患など、
多彩な疾患の発見を目的に行われます。

16列マルチスライスCT
【16列マルチスライスCT】
当院ではHITACHI multi-slice CT SUPRIAを用いています。

 超音波撮影装置
【デジタルエコー装置】
当院ではHITACHI aloka F37を用いています。

上記で撮った頸動脈エコーデジタル画像


予約希望の方へ
再診の方には原則として予約をお願いしていますが、
初診の方でもご希望の方には予約をお取りしています。

お電話か
電話0466-42-6801で

メール
メールで
で対応させていただいております。


初診予約状況
前日の時点での予約状況をお知らせしています。


おっ! まだだいぶ 空いてる みたいだ
*予約なしでも受診できます。

12月7日(土)午前7時現在 12月7日(土) 予約の可否 12月9日(月) 予約の可否
午前 9:00AM- × 9:00AM
10:00AM- × 10:00AM-
11:00AM- 11:00AM-
12:00AM- × 12:00AM-
午後 2:00PM- 2:00PM-
3:00PM- 3:00PM
4:00PM- 4:00PM-
5:00PM 5:00PM
5:30PM- 5:30PM

【予約全般について】
初診、再診を問わず、予約もしくは事前手続きは
①電話(0466-42-6801)、
(電話は8時半ー13時半、14時半-17時半、
土曜日は8時半ー12時半、13時半ー16時に対応しております。)

メール

③窓口で直接、

で行えます。

メールでの手続きはメールをいただいた日の
翌日以降の対応とさせていただく場合があります。


予約の変更・キャンセル
【予約の変更、キャンセルについて】
予約、事前手続きをされた場合、変更、キャンセルは自由です。
お電話もしくはメールにて連絡してください。


 初診の方へ
初診の方の受付は窓口で直接か、
もしくはお電話(0466-42-6801)にてお受けしております。
電話は8時半ー13時半、14時半-17時半、
土曜日は8時半ー12時半、13時半ー16時に対応しております。

予約希望の方へ

 アクセス

 診療時間

 症状・疾患

検査・CT・MRI

よくある質問

事前に手続きをしていただくことも可能です。
①電話(0466-42-6801)、
電話は8時半ー13時半、14時半-17時半、
土曜日は8時半ー12時半、13時半ー16時に対応しております。
メール
③窓口で直接、
での事前手続きが可能です。

メールでの手続きはメールをいただいた日の
翌日以降の対応とさせていただく場合があります。

事前手続きをされた場合、変更、キャンセルは自由です。
お電話もしくはメールにて連絡してください。


 院長挨拶
皆様こんにちわ これだれ?  いつの写真?
 院長挨拶

私は、つじた脳神経外科の理事長・院長を務めております、
辻󠄀田喜比古(つじたよしひこ)と申します。

東大医学部を卒業後、
日本のトップレベルの医療機関で自ら腕を磨きながら、
一方で後進の指導に従事してきました。

豊富な手術の経験に基づき、
開業以来16年、ひたすら疾患の予防と早期発見に努め、
皆様の脳を守って来ました。

当院では患者さんの話に親身に耳を傾ける一方、
医学の原点に立ち戻った、きめの細かい診療を心がけています。


皆様には健康でかつ健全な脳で
世界中に溢れる生きる喜びを存分に堪能して頂ければ、
当クリニックにとってこれ以上のやりがいはありません。

元気な脳で生きる喜びを
We help keep your brain healthy.
Let yourself indulge in the joy of life.


院長紹介

学歴: 東京大学医学部医学科卒

学位、資格等: 医学博士、脳神経外科専門医

職歴: 
国立東京第一病院(元陸軍病院、現国立国際医療研究センター) 脳神経外科
東京大学病院 脳神経外科
都立豊島病院 脳神経外科
東京警察病院 脳神経外科
都立荏原病院 脳神経外科
東京大学病院 脳神経外科
帝京大学病院 脳神経外科並びに
          救命救急センター講師
間中病院 副院長:在任中、脳神経外科手術のすべてを主宰。
   なお、間中病院は頭痛外来ならびにwebsite“頭痛大学”でも有名です。


 症状・疾患

 初診の方へ

 予約希望の方へ

 後遺症
脳や脊髄という中枢神経は
とても高度な働きをしますが、
一度損傷を受けた場合の回復力は
他の臓器、器官に比べて微々たるものです。
この回復力の弱さが後遺症として現れます。

 備えあれば憂いなし
中枢神経以外についてもいえることではありますが、
特に中枢神経の場合、早期に異常を見つけ出して
適切な手を打つことが大事です。

どういう症状の方が来院していただくのがよいか列挙してみましょう.。
気になる症状

 頭痛
頭が痛い
・スマホ症候群、スマホ頭痛が気になる

めまい
めまいがする、ふらつく、クラッとする
・まっすぐ歩けない

 しびれ
手足が痺れる、感じが鈍い
・手足の動きがよくない、力が入らない

 ふるえ
手足や指がふるえる、ふるえて字が書けない
・頭がふるえる

 頭部外傷・頚部外傷
頭をぶつけた
・追突された

 目がおかしい
・目(片側もしくは両側)が一瞬見えなくなった。
・目の前が真っ暗になった。
・目にキラキラしたものが見える。
・目が二重に見える
・目の半分が白黒にしか見えない
・まぶたがぴくつく

 ものわすれ
ものわすれが気になる
・集中力がない
・字が下手になった、字を間違える

言葉がおかしい
・言葉が出てこない
・しゃべりにくい、呂律がまわらない
・滑舌が悪い

手足が重い
・手足の動きがよくない、力が入らない
・歩きにくい
・ものを落とす

顔がへん
・顔がゆがんできた。
・顔がしびれる
・顔が痛い
・顔がぴくつく

肩コリがひどい
・首や肩がこる

発作をおこした
・ひきつけ、けいれんを起こす
・変な気分になる

気を失った
・ひきつけ、けいれんを起こす
・気を失う
・頭がボーとする

隠れ脳梗塞かな?
・隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)が心配
・無症候性頚動脈狭窄(頚動脈硬化症)が心配

生活習慣病かな?
・血圧が高い(脳は血圧にはとても弱い!)
・血糖値が高い
・血液検査でコレステロール値、
 中性脂肪値が高い
・喫煙や過度の飲酒を長年続けている

セカンドオピニオン
・頭の手術を勧められているが、
 セカンドオピニオンを聞きたい

その他
・未破裂脳動脈瘤が心配
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍が心配
・熱中症が心配

生活習慣病
生活習慣病の治療の目的は、合併症を予防することにあります。
定期的に脳の検査(CT/MRI)や頚動脈の動脈硬化の検査(頚動脈エコー)を受け、
生活習慣病のコントロールが適切かどうか確認する必要があります。

動脈硬化症 
生活習慣病があると、脳もしくは全身の動脈に動脈硬化が起こって、
脳の血管が詰まったり、動脈壁が損傷されて出血が起こったりします。

 三大生活習慣病
高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病が
脳にとっては最も警戒すべき生活習慣病です。
動脈壁が固くなってからはやや手遅れの感がありますので、
できるだけ早期に対応する必要があります。

 高血圧症
特に高血圧は脳に大敵で、できるだけ低めのコントロールが必須とされます。
降圧剤をなんとなく飲んでいるから、脳は大丈夫というわけではありません。

高血圧がある場合。無症候性の脳梗塞は40歳代から起こり始める可能性があります。

脳出血はCTによる診断精度の上昇と血圧のコントロールの進歩のために
以前より減りつつあります。ただし、降圧剤を服用していても、
降圧が不十分なため脳出血を起こして救命救急センターに運び込まれる方が
後を絶ちません。

くも膜下出血には血圧だけではなく、喫煙や生れつきの素因が関係しています。

 糖尿病
糖尿病の患者さんでは、多発性の脳梗塞が極めて高頻度でみつかります。
高脂血症があると心筋梗塞ほどではありませんが、脳梗塞がおこりやすくなります。

 高脂血症
高脂血症(脂質異常症)があると心筋梗塞ほどではありませんが、脳梗塞がおこりやすくなります。

 警戒すべき全身の動脈疾患
今までに、
心臓の血管の病気である狭心症、心筋梗塞、
大動脈の病気である胸部もしくは腹部大動脈瘤、
腸の動脈の病気である腸間膜動脈閉そく症等の
おそれがある、すでにかかったことがある方は、
脳の動脈の病気である脳梗塞などの予備軍である可能性があります。


その他の気になる疾患
いろいろ調べたら次のような病気が心配になってきた、
もしくは他院で以下の病名の疑いがあるといわれた。
というような方も、受診してください。
頭部外傷
脳腫瘍
脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血
認知症
・てんかん
・パーキンソン病、本態性振戦
・三叉神経痛、顔面けいれん


 スマホサイトへ

 よくある質問
よくいただくご質問を表示してみました。

当院の体制について
Q: 診察を受ける際に予約は必要ですか?
A: 初診の際には必要ありません。次に再診する際には、
   診察終了時に次回の予約を取らせていただきます。
   初診の方でも予約をご希望される場合は予約を受け付けております。


Q: 来院時(初診時)に必要なものはありますか?
A: 健康保険証をご持参ください。
   お薬手帳をお持ちの方は併せてご持参ください。
   なお、血圧が高い方で、自宅で血圧を測定していらっしゃる方は、
   血圧手帳をお持ちください。


Q: クレジットカードは使用できますか?
A: 申し訳ありませんがクレジットカードには対応しておりません。
   必ず現金をお持ちください。


Q: 駐車場はありますか?
A: 敷地内に20台分の駐車場(無料)がございます。
   時間帯によっては込み合いますので必ず係の指示に従ってください。
   身障者用の駐車場も完備しています。


Q: 駐輪場はありますか?
A: 敷地内に15-20台分の駐輪場(無料)があります。


Q: 院内はバリアフリーですか?
 トイレ すっごく 広いんだよー  

A: 完全バリアフリーです。
   トイレも広く、車いすが自由に動ける広さがあります。


Q: 領収書の再発行はできますか?
A: 二重交付による重用のおそれがあるため、領収書の再発行は行っておりません。


Q: つじた脳神経外科は以前はとても待たされるという評判でしたが、今も同じですか?
A: 予約制もしくは事前受付制の導入、それの弾力的運用により待ち時間はほとんどなくなりました。
    持ち味の診察の丁寧さは変わっていません。

診察・治療について

Q: 脳神経外科では、どんな症状を診てもらえますか?
A: 頭痛、ふらつき、ものわすれ、手足・身体のしびれ、更には手足を動かしにくい、
   ふるえる、歩きにくいなど、日常の生活で感じる症状でお悩みでしたら何でもご相談ください。
   どんな些細なことでも結構です。丁寧にお話を伺って診察をしたうえで、検査を行います。
   また、頭をぶつけたなど、頭部や顔面の外傷の際も、脳内の出血や頭蓋骨の骨折などがないか、
   検査で確認いたします。


Q: こどもの診察は何歳から可能ですか?
A: 脳神経外科では、赤ちゃんの頭のけがから認知症のお年寄りまで
   全年齢の脳の疾患を対象としています。
   もちろんかぜをひいて頭が痛いなどの場合には、
   同じクリニックビル内にある小児科にご紹介する場合があります。
   当院で薬を処方する場合もあります。


Q: 生活保護を受給していますが診察は可能ですか?
A: 可能です。受診前に医療券の手配をお願いします。


Q: 普通のかぜや花粉症、高血圧など内科の受診はできますか?
A: もちろんできます。
   当院は一般的な内科の症状・病気は可能な限り何でも対応いたします。
   健康診断で異常を指摘されたり、気になる症状をお持ちで不安でいらっしゃるばあいなども、
   ご遠慮なくご相談ください。どんな些細なことでも結構です。


Q: 処方箋だけ出してもらうことはできますか?
A: 原則、診察をせずに処方箋をお出しすることはできません。


検査・健診について

Q: 藤沢市の検診は何がうけられますか?
A: 当院では、藤沢市の特定健診(65歳以上)を行っております。
   問診、聴診、血液・尿検査、胸部レントゲン検査、心電図検査などを受けていただきます。
   予約制ですので待ち時間なくスムーズに受けられます


Q: CT検査は予約が必要ですか?
A: CT検査は予約は必要ありません。
   頭痛、めまい、しびれ、頭をぶつけた・・・など、頭や脳に関する不安や心配事がありましたら、
   どんなことでもご相談ください。
   診察した上で、必要な場合にはいつでも検査いたします。


Q: MRI検査は予約が必要ですか?
A: MRI検査は予約が必要です。
   一般の診察、検査の結果、更にMRI検査が必要であれば、予約していただきます。


Q: 脳以外の部位でもCT検査を受けることができますか?
A: はい、大丈夫です。胸腹部のCT、頸椎のCTは受診されたその週の土曜日には
   受けていただけます。


Q: 脳以外の部位でもMRI検査を受けることができますか?
A: はい、大丈夫です。胸腹部、頸椎、腰椎のほか関節のMRIの検査も受けていただけます。
   結果は放射線科専門医が読影します。


Q: CT検査やMRI検査にかかる時間はどのくらいですか?
A: 頭部のCT検査で5分ぐらい、頭部のMRI検査で10-20分ぐらいです。
   部位によってはもう少し時間がかかります。


Q: CT検査の料金はどれくらいですか?
A: 頭部(脳)のCT検査の検査料そのものは自己負担率3割の方で、5000-6000円程度です
   (健康保険証の窓口負担率によって変わってきます)。


Q: MRI検査の料金はどれくらいですか?
A: 頭部(脳)のMRI検査の検査料そのものは自己負担率3割の方で、6000-7000円程度です
   (健康保険証の窓口負担率によって変わってきます)。


Q: 妊娠していてもCT検査は可能ですか?
A: 妊婦の方にはCT検査は行っておりません。
   普通のレントゲン検査も施行しておりません。
   なお、授乳中の方は問題なく検査を受けていただけます。


Q: 妊娠していてもMRI検査は可能ですか?
A: 妊婦の方にはMRI検査は行っておりません。


Q: 心臓ペースメーカーを挿入している場合でもCT検査は受けることができますか?
A: はい、大丈夫です。問題なく受けることが可能です。
   MRI検査は受けられません。
   MRIは心臓ペースメーカ埋め込みを行った施設で受けていただくことを原則としております。


Q: 脳ドックを受けることはできますか?
A: 脳ドックは当院では行っておりません。



バランスのいい 食事と運動をして 気の利いた会話を 楽しもう
病診連携:最近紹介させて頂いた病院
東京大学病院
国家公務員共済組合連合会虎の門病院
国立病院機構横浜医療センター
藤沢市民病院
湘南鎌倉総合病院
藤沢湘南台病院
湘南藤沢徳洲会病院
湘南慶育病院
国際親善総合病院 

スタッフ募集中です。
申し訳ありませんが、現在受付スタッフの募集を
一時的に停止しています。
うちの スタッフルームは 隠れた人気 広く、明るい

目安箱
当院のホームパージは院長が開業当初から連綿と自作しております。
自作ホームページは小回りが利くのが長所で、出来る限り毎日更新しております.。
それゆえ情報は正確にしてほぼリアルタイムです。
プロに委託すると、どうしても2-3週間のタイムラグが生じますし、
機微に触れるところは表出出来ません。

欠点はいかに工夫しても、素人臭さが消えず、見栄えが悪いことです。

ホームページをご覧になった感想を、
もちろん当院を受診された感想、当院そのものの心証も
メールでお寄せ下さい。



MENU一覧
スマホサイトへ  施設・設備のご案内
脳神経外科とは 予約希望の方へ 
アクセス 診療時間
検査・CT・MRI 初診の方へ
院長挨拶 症状・疾患
よくある質問 目安箱
TOPへもどる

tunc scitote quia appropinquavit desolatio eius. (innocentius)
fly, the spirits, now !(von stauffenberg)
a society unable to protect itself by force from foreign molestation loses its autonomy and may lose its corporate identity as well. (mcneill
)
元気な脳みそでいつまでも長生きしよう
あなたの脳をしっかりと護ります
元気な脳で生きる喜びを
We help keep your brain healthy.
Let yourself indulge in the joy of life
.
医療法人社団喜望会
つじた脳神経外科
神奈川県藤沢市湘南台3-7-12湘南台クリックビル102
TEL:0466-42-6801
http://drtsujita.com/
公式標榜診療科目:脳神経外科、脳神経内科
2019年12月7日更新
© 2003-2019 医療法人社団喜望会つじた脳神経外科